クレジットカードは沢山持とう

今回は「稼ぐ」話ではなく、「節約する」話。クレジットカードは沢山持てば持つほど、実は節約になる!

クレジットカードの関連情報を見ていると、よく「メインになるものとサブになるものの2枚持ちがお勧め」と書かれています。メインになるものになるべく利用を集中し、ポイントを稼ぐ、と。

メインになるカードを一枚持つことに異論はありませんが、2枚持ちには必ずしも賛成しません。無論、人によって「2枚で済む人」もいると思いますが、「15枚持つ方がお得な人」も世の中に入ることでしょう。僕の場合は10枚以上持っています。その内の5枚くらいは年会費が必要なものですが、それでもこれだけ持つ方がお得。

例えばショッピング系のカードだと、系列店のみでの割引がつくクレジットカードがあります。特定の日のみ5%とか。5%も割引がつくなら、ポイントを気にする必要はありません。ポイントなんてよくてもせいぜい1~2%ですから、5%割引が受けられるカードは、年会費が無料なら文句なしに持つのが得。

JR西日本やJR東海のカードだと、新幹線のExpress予約が使えます。年会費1050円ですが、Express予約のサービスを、名古屋や大阪から東京までの一往復するだけで、運賃の割引率だけで元が取れてしまいます。さらに予約の変更の自由度や、ポイントを貯めてグリーン車に乗ったりのおまけが付きますから、年に東京との間を新幹線で数往復もする人なら完全に得。

JALカードは、実は買い物などでマイレージを貯めるのには使っていませんが、年会費を払って家族カードも作っています。何故かと言うと、JALカードを持っていると、家族のマイレージが合算されるから。家族で一緒にJALを使って旅行する機会がある人なら断然お得。「死にマイレージ」が出にくくなります。

ゴールドカードはセゾンのアメリカンエクスプレスと、楽天プレミアカードの2枚を持っています。1万円以上の年会費のカードを2枚持つ理由は、海外出張が多いので、海外旅行保険を確保するためです。僕には小学生以下の子どもがまだ3人いますから、保険の額もある程度確保したいもの。この2枚のクレジットカードは、海外旅行保険が自動付帯で5千万円ずつ付きます。併せて死亡時の保険金が1億円。年に数回出張に出るたびに海外旅行保険をかけていたら、手間が面倒ですし、保険代の総額も高くなってしまいます。またこの2枚には買い物保険も付きますし、セゾンのアメリカンエクスプレスの場合、家族対象の海外旅行保険も自動付帯ですから、家族で海外旅行へ行く場合に保険を別途かける必要もありません。

この他に、ベネッセの子ども向け通信講座が割引になるベネッセのクレジットカードや、地元の百貨店でポイントが貯まるカード、などなど、用途の違うクレジットカードがありますから、おのずと数も増えます。

一方で、不要になったクレジットカードの解約ももちろんしています。特定のサービスを使わなくなるなどすれば、その目的のためだけに持っていたクレジットカードは不要になります。年会費が必要なカードであれば即解約しますし、年会費無料のカードでも、しばらく様子を見た後に解約しておきます。盗難にあったりした場合のリスクも存在するからです。

クレジットカードの数は、「2枚が良い」とかいったことはまったくありません。自分の利用するサービスが何かによって、どこのカードを持つべきか、持たぬべきかが決まります。自分にとって特になるクレジットカードであれば、何枚でも持つべきです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。