シャープ株をすべて売却

シャープが鴻海の参加になってすぐに買って以来持っていたシャープの株式をすべて損切りしました。とは言っても、鴻海配下になって一時的に上がった時に半分くらいは売ったので、トータルだとかろうじてプラスでしょうか。しかし、シャープの業績がもう少し回復する、という読みは見事に外れました。黒字化しても株価が上がらない、ということは、世間からあまり期待されていない、ということでしょうから。

無論ヘルシオや、空気清浄機など、それなりに売れているシャープ製品もあるにはありますが、シャープ全体の業績を大きく押し上げるような力はこうした家電にはもうないでしょう。

倒産のふちからの立て直しですから、もっと思い切ったイノベーションにチャレンジしてくるかと思っていたのですが。昔のシャープなシャープは再現しなかったようです。鴻海傘下でのスケールメリットや、見栄えのしないコストカットだけでは…。

米国株の上昇につられてちょっと上昇したところで損切りです。

自分の年齢も年齢ですから、割安株を購入してじっくり何年も待つ投資方法はもうだめですね。若い人がやるならいいけど。デイトレードほどではないですが、小刻みな売買でせこく稼ぐ方向に切り替えようと思います。

そうなると、お勧めの銘柄、なんていうのはさほどありませんね。大きな値上がりを期待するわけでもないので。出回っている株の数が多くて流動性が高い株、そして、価格の上下動が少なくて小刻みに値動きしている株が狙い目かな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。