有機ELディスプレイのないシャープは買い

シャープは8Kとかの液晶ディスプレイを開発していますが、世間では結構「今時LEDかよ」とか笑われているようです。有機ELに移行しないと競争に勝てない…本当にそうでしょうか。

筆者の自宅には40インチ液晶ディスプレイのテレビがあります。ブランドはシャープではなくソニーですが…。これで不自由があるかと言ったら「別に。」無論有機ELディスプレイを隣に並べて比べたら差がわかるのでしょうけど、家にあってみている分には何の不都合もありません。

つまり、液晶から有機ELへのシフトというのは、消費者の多くにとっては「何の不都合もないのにシフトしようとしている」ことに他なりません。有機ELは開発費や製造設備に膨大な投資が必要です。多くの人に必要がないことにそれほど多額を費やして果たして価値があるか?

無論、iPhoneが有機ELを使えばそこそこの需要は生まれるでしょう。でも、液晶が無くなるかと言ったら…

有機ELの価格が液晶と同等まで下がったら有機ELが勝つでしょうけど、当面そのような状況にないことを考えると、少なくとも液晶ディスプレイでやっていることが不利益だとは思えません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。