賃貸マンションに多くの部屋タイプを準備

今日所用があって、ある工務店さんを訪ねました。その敷地内にマンションが建っているので「このマンション所有されているのですか?」と尋ねると、先代が残された土地にマンションを建て、個人と法人とで共有になっているとのこと。

そこで聞いた話が、33部屋ある中に、数多くの間取りが存在すること。普通は全室同じタイプ、例えば2LDKとかで揃えて建築費を安くすることが多いのですが、この方は「そんなことをしていてはだめ。いろいろなタイプがあれば、どんな人が来ても対応できる。」

なるほど。

サラリーマン大家の本が流行したりしていますが、本物の土地持ち、金持ちに話を聞くと、やはり戦略がもう一つ上を行っているように感じます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。