インフラファンド

昨日の日本経済新聞夕刊にインフラファンドの話が出ていました。2015年度をめどに、インフラに投資するファンドを上場できる市場を日本取引所が創設する計画とか。

インフラファンドとは、空港とか太陽光発電所、その他のインフラの整備に民間資金を活用するためのファンドで、オーストラリアなどではかなり一般的なようです。

Jリートは不動産に投資するファンドですが、もっと大規模な施設・設備への投資と考えて良いでしょう。

投資の形としてはファンドだけに限らず、受益証券発行信託や債券のようなものも扱えるようにするとか。

インフラファンドが登場するのは、日本のインフラが老朽化してきたことや、東日本大震災関連での復興需要、あるいはエネルギーなど産業構造の変化による設備への投資が求められていることが背景にあるようです。

いずれにしろ、社会的に役にたち、しかもリターンが期待できるのであれば、積極的にインフラファンドへの投資を考えたいものです。

Maneoから資金を引き揚げ

以前にもマネオで投資できないという話を書きましたが、その後も状況は変わりません。苦情は多いようですが、Maneoの方で対策を取るつもりはないようなので、返って来た資金から順次引き上げることに。

Maneoの替わりをどうするか、というところが問題ではありますが、運用できないところに入れておいても何の得にもなりませんからねえ。

Maneoが将来システムを変更してくれたなら、その時Maneoでの運用を再考します。

ソーシャルレンディングで高利回りを

現在株式投資はかなりリスキー。外貨も不安定。銀行預金は超低金利が継続と、一般の人が手を出し易い投資商品がない中、注目できるのがソーシャルレンディング

要は投資家がお金を必要としている個人や企業等に直接融資することを可能にするもの。ソーシャルレンディングを運営する企業側は、仕組みとレンダー・ボロワーの出会いをプロモートし、一定の手数料を得る仕組み。

個人やビジネスを直接選んで投資する場合(マネオやミュージックセキュリティーズ)と、ファンドにして複数の個人やビジネスに貸付けリスクを軽減する場合(アクシュやSBI)があるようです。

利回りは固定しておらず、元本保証もないですが、銀行預金などよりはリターンは高め。運用実績を見るとおおむね年率換算で5%とか7%とかというケースが多いようです。

リスク分散さえきちんとしておけば、今、一番考慮すべき投資先じゃないかなあ。