Jリート(J-REIT)で高配当高利回りを期待

株価がさえない上に、日本企業の先行きも不安な現在。さて、何に投資するかというのは頭が痛いところです。比較的リスクが小さく、期待利回りが高い投資先として今注目したいのはJリート(J-REIT)。不動産に投資するファンドを株式市場へ上場したものですね。

Jリートの中身は、それぞれの銘柄によって投資対象が異なるものの(住宅、オフィス、ホテルなど)、通常の株式とは違い、それぞれの銘柄の中で複数の投資対象に投資が行われていますから、リスク分散になっています。

その分通常の株式より値動きは安定していますし、基本的にはそれぞれのJリートは配当利回りの影響を受けて値が動くと考えて良いと思います。

ところが現在は株式市場全体が低調ですから、Jリートもつられて軒並み値を下げ気味、つまり配当利回りは高めに推移。

もちろんJリートは値動きのある金融商品ですから元本保証はなし。それでも投資額に対する期待利回りを5%(手取り)と考えても、十分可能なレベルにあります。

仮に元本、つまりJリートの値が変わらないと仮定すると、5%の利回りであれば約14年で投資額は倍になります。これは受け取った配当を同じJリートに再投資した、と仮定した場合ですが。

2500万円の手元資金があれば、黙っていても28年で1億円になる、ということですね。もちろんスタート時に2500万円持っている人は少ないでしょうけど、28年間他の収入(サラリーなど)が全くない、という人もほとんどいませんから、定期収入からの貯金と、5%程度の利回りが期待できる金融商品とを組み合わせて行けば、30年かければ(30歳から始めれば60歳くらいまでには)意外と堅実に1億円は達成できるような気がします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。